このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードサービス比較のポイント

自動車保険を選ぶ際のポイントの一つとして「ロードサービス」があります。
「ロードサービス」は特約とは違い、ほとんどの自動車保険にセットされていることが一般的になってきました。
しかし保険会社によってサービスの内容や条件などに若干の違いがあるので、保険会社を選ぶ際には比較検討が大切です。
では「ロードサービス」とは具体的にどのようなものなのでしょう。
一般的には「車両トラブル対応サービス」「レッカーサービス」「宿泊帰宅費用サービス」などがあります。
車輌トラブル対応サービスは、事故や故障などで自力走行ができなくなった場合に対応してくれるサービスで、バッテリー上がり、キーの閉じこみ、ガス欠、パンク等に対応してくれます。
またレッカーサービスは事故や故障によって動けなくなった際に修理工場まで車を運んでくれるサービスです。
最後に宿泊帰宅費用サービスとは、トラブルによって車が動かなくなってしまった場合に自宅まで帰るための交通費や宿泊費などを支払ってくれるサービスです。
多くの保険会社がこれらのロードサービスは「無料」と謳っている場合が多いのですが、保険会社によって様々な条件がある場合があります。
例えば車輌トラブルサービスでは、30分程度の軽度トラブルは無償でも、イモビライザー付き車輌の解錠やクレーンが必要な作業のケースは有償となります。
またレッカーサービスについても移動距離に制限がある場合があり、その条件は保険会社によって違いがあります。
もしもに備える自動車保険ですが、その補償内容や条件をしっかりと比較検討し見直しを考えることが大切です。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.