このエントリーをはてなブックマークに追加

保険料が安くなるポイントあれこれ

車に乗る人なら誰でも入っている自動車保険。
しかし、初めに入った保険内容のまま、あまり考えずに毎年更新しているという方も多いのではないでしょうか?
不景気の世の中…、支出は少しでも抑えたいものですが、保険にかんしては「仕方が無いもの」と考えてしまってはいけません。
保険の見直しは場合によっては支出を大きく減らすことができるチャンスなのです。
自動車保険を安くしようと思った場合、単純に考えれば補償を低くすれば保険料は安くなります。
しかし、それでは万一の事故に備えるという保険の目的を果たせません。
補償内容はしっかりと充実させた上で、月々の支払額を少なくする方法もあるのです。
自動車保険が安くするにはいくつかのポイントがあります。
まず重要なのが保険加入後事故を起こしていないということです。
事故がなければ更新の際に等級が上がっていき、等級に応じて割引が適用されます。
次に車の安全装置が充実していることも大切な要素です。
エアバッグなど、安全装置が付いている車はそれだけ安全ということになるため保険料が安くなります。
次は運転するドライバーを限定することです。
自分しか運転しない場合や、配偶者、家族のみといったように運転者を限定することで保険料を安くすることが可能です。
次に年齢区分です。
保険会社によって26歳以上、30歳以上といった年齢限定を設定することで保険料が安くなります。
また年間の走行距離が短い人もそれだけ事故に合う危険性が低いと言うことで保険料を安くすることが可能です。
これらの項目を更新の際にはしっかりとチェックしましょう。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.