このエントリーをはてなブックマークに追加

身の回り品補償特約って何

車に乗っている限り、事故を絶対に防ぐということはできません。
どれだけ注意していても事故は起こるものであり、自分に過失がなくても事故に巻き込まれるということもあります。
万一事故に合ってしまった場合、自分自身がケガをしてしまうことはもちろん、大切な愛車も壊れてしまいます。
しかし、壊れてしまうのは車だけではありません。
車に載せていたゴルフクラブやカメラ、スキーやスノーボードなどを積んでいた場合、事故によってそれらのものが壊れてしまうということがあります。
相手の過失割合が高い場合は、相手が加入している自動車保険の「対物賠償保障」でほぼ100%補償してもらえます。
しかし、自分の過失割合が多い場合には荷物の損害については「自腹」ということになってしまいます。
そういったケースの場合「身の回り品補償特約」が付いていると非常に便利です。
この特約は「身の回り品補償特約」「車内手荷物等損害特約」「車両積載動産特約」など保険会社によって色々な名称があり、内容も若干の違いがあります。
基本的にはどの保険会社でも自動車事故での損害はもちろん、火災や盗難などに対しても補償してくれる特約です。
しかし一般的には車外のキャリアに取りつけてあったものに関しては盗難についての補償対象とはなりませんので注意しましょう。
ただし、身の回り品補償特約で補償される範囲は「個人が所有している日用品」に限定されます。
商売で使用する「商品」、宝石や貴金属類、骨董品などは補償の対象となりませんので注意が必要です。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.