このエントリーをはてなブックマークに追加

地震や津波に備える特約はある

自動車事故は自分自身が安全運転を心がけることで多少は軽減することが可能かもしれません。
しかし地震やそれに伴う津波など自然災害に対しては、どれだけ注意しても避けることはできません。
万一の事故に備えるための自動車保険ですが、一般的な保険では地震や津波による車の損傷は補償されません。
あまり読むことのない約款の中に「保険金をお支払いできない場合」という項目があります。
一般的な自動車保険は「戦争、外国の武力行使、暴動、地震、噴火、津波によって生じた損害、核燃料物質などによって生じた損害」が保険の対象外であると書かれているはずです。
そこで入っておきたいのが地震や津波、火山の噴火に対しても補償される特約です。
地震や津波に対する特約は保険会社によって様々な呼び方がありますが、地震・噴火・津波等に対する補償特約を付加していると通常の車両保険では補償対象とならない地震や噴火・津波による直接的な損害や、これらが原因で起こった事故による損害について、補償されます。
この特約に関しては保険会社が大きなリスクを背負うことになるため、実はあまり積極的に勧められるケースは少ないのです。
これまであまり認知度が高いとは言えなかった特約ですが、2011年の東日本大震災以降注目される特約となりました。
また保険会社によってはこの特約を扱っていないという場合もありますし、補償内容や補償範囲についても保険会社によって多少の違いがあります。
この特約を付けることを考える際には補償範囲や内容についてしっかり確認することが大切です。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.