このエントリーをはてなブックマークに追加

保険会社を変更すると等級はどうなる

自動車保険の保険料を安くするにはいくつかのポイントがありますが、やはりノンフリート等級による割引制度が非常に大きいです。
等級は事故歴に関係しますので、無事故を続けることで割引率が年々高くなります。
さて、自動車保険の等級制度とはいったいどういうものなのでしょう。
ノンフリート等級は1等級(60%割増)から20等級(60%割引)までの段階があり、初めて自動車保険に加入した場合は6等級からのスタートとなります。
ノンフリート等級は保険金を支払う事故がなければ、次の更新の際には1等級上がり、逆に事故によって保険金を支払った場合には3等級下がります。
つまり現在10等級の人が無事故で1年間過ごすことができれば、次の更新時には11等級となり割引が増えます。
しかし保険金を支払う事故を起こしてしまった場合には、次の更新時には7等級に下がってしまうのです。
では、自動車保険の見直しをして現在加入している保険会社から別の保険会社に乗り換えをした際にはどうなるのでしょう。
せっかく無事故を続けて等級を上げてきたのに、新たな保険会社と契約することで等級が下がってしまうのでは意味がありません。
しかしそんな心配は必要ありません。
等級は各保険会社同士での情報交換制度があり、新しい保険会社と契約した際にはそれまでの等級が自動的に引き継がれることになっています。
無事故の期間が長ければ長いほど等級は上がり、割引額も大きくなります。
等級はお金では買うことのできないものです。
安全運転を心掛け、割引率を向上させていくことが保険料を安くする上でも大切なことです。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.