このエントリーをはてなブックマークに追加

ひき逃げされても補償される

悲惨な自動車事故や飲酒運転、ひき逃げなどのニュースを見聞きすることも多いですが、もしも自分自身の身に降りかかってきた場合を考える人は少ないでしょう。
しかし、いつどのような事故に巻き込まれるかは誰にも予想できません。
では、もしも自分が当て逃げやひき逃げをされてしまった場合、その補償はどうなるのでしょう。
通常の事故であれば、過失の度合いにより相手の保険会社からの保険金が支払われますが、当て逃げやひき逃げの場合は請求する相手がいません。
ではそのまま泣き寝入りをするしかないのでしょうか。
そういった不安を解消してくれるのが自動車保険の「人身傷害補償」です。
この特約を付加しておくことで、もしも当て逃げやひき逃げなどにあった場合でも治療費や交通費、休業損害、慰謝料等を受け取ることができます。
また後遺障害が残るような事態になれば、逸失利益や後遺障害慰謝料などが加算されます。
また、人身傷害補償は当て逃げやひき逃げだけではなく、があり相手側の保険で治療費などを補償してもらえないような場合や単独事故にも有効です。
ただし、故意の事故や自殺、飲酒運転による事故は補償の対象外となります。
人身傷害補償には補償条件があり、「契約中の車輌に乗車中のみ補償する」という条件になっていた場合には、歩行中にひき逃げにあった際の補償はありません。
新たに特約を付加する場合や、既に契約している場合には補償となる条件についてもしっかり確認し検討することが必要です。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.