このエントリーをはてなブックマークに追加

お得な特約あれこれ

自動車保険には様々な特約が用意されていますが、自分自身がどんな特約を付加しているかということや、他の特約にどのようなものがあるのかを把握していないと言う方も多いのではないでしょうか。
保険料が安くなる特約としては「家族限定」「年齢条件」「本人限定」「本人・配偶者限定」など、運転する人やその年齢を限定することで保険料を安くすることができるものがあります。
また、万一の事故にそなえるものとしては「事故付随費用担保」「自損事故傷害」「対物臨時費用担保」「対歩行者等事故傷害補償保険」「代車費用担保」「等級プロテクト」「弁護士費用等担保」「臨時運転者」など、様々な種類があります。
例えば、不注意によってガードレールや建物などに衝突してしまうという単独事故を起こしてしまった場合、事故の相手がいないため相手側の保険会社から保険金を受け取ることはできません。
そんな場合は「自損事故傷害」という特約を付加していると治療費などが補償されます。
また「等級プロテクト特約」を付加していると、年間1事故に関してまでは翌年の等級に影響しません。
年齢条件で30歳以上としているにも関わらず、30歳未満の人に車を貸してしまった場合は補償を受けることはできません。
しかし「臨時運転者特約」があれば、万一そのような場合の事故に対しても補償を受けることが可能になります。
特約には様々な種類があり、その補償内容や条件は保険会社によって違いがあります。
全ての特約に入れば安心かもしれませんが、そうすれば保険料も高くなってしまいます。
自分自身にとって何が必要なのかをしっかりと検討し、付加する特約を選びましょう。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.