このエントリーをはてなブックマークに追加

国内と外資系どちらがおすすめ

自動車保険を販売している会社は数多くありますが、大抵は車を購入した際にそのディーラーに勧められた保険に加入しているという方が多いのではないでしょうか。
また一度加入してしまうと、そのまま更新手続きをしているという方が大半でしょう。
しかし、最近では自動車保険の見直しをして保険料を安くしたいというニーズも高まり、加入者が保険会社を比較検討し選ぶ時代になってきました。
保険会社を選ぶ際に大きく分けて2つの分類があります。
それは国内系か外資系かという違いです。
国内系の特徴としては、「補償内容や様々なサービス面の充実」を謳っている場合が多いようです。
一方外資系は「保険料の安さ」が一番の魅力と言われています。
なぜ外資系の自動車保険が安いのかは、代理店の有無による部分が大きいのです。
外資系は代理店を置かず、直接保険を販売するため中間マージンが発生しないことで保険料を安くすることが可能なのです。
代理店がある場合とない場合では事故が起こった際に違いがあります。
国内系の場合であれば事故対応は代理店が行ってくれますが、外資系の場合は直接保険会社の人とやり取りをしなければなりません。
これをデメリットと捉える人も多いようですが、外資系が事故対応に弱いというワケではなく、どの保険会社も万一の際にはしっかりと対応してくれます。
以前と比較すると国内系の保険会社も保険料の安い商品が出てきており、金額的には大きな差はなくなってきています。
保険の見直しをする際には保険料の安さも大切ですが、万一の事故対応や補償内容、補償条件など様々な点をしっかりと比較検討することが大切です。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.